歯科医院に行くなら感染症対策が万全なところを選ぼう

体の不調は口腔内に出やすい

このコラムをシェアする

歯茎が腫れ始めたら要注意

歯を磨いていて、歯茎から血が出るという経験がある方は少なくないのではないでしょうか。
歯茎から血が出る原因は、歯石の蓄積などによる歯周病の悪化がまず考えられますが、風邪気味であったり寝不足であったりなど、体の不調のサインとも考えられるのです。
口唇の端が切れたりするのも、ただ乾燥してるから、で片付けず、自分の体の不調を感じ取ることが大切です。
風邪気味で歯茎が腫れることはよくあることなので、お子さんの口腔内もしっかりとチェックしてみてください。仕上げ磨きの時、歯をチェックするのは勿論ですが、同時に歯茎の状態を見るとお子さんの体調が分かりやすいのではないでしょうか。
ちょっと腫れているな、と思ったら、食事を消化の良いものにしたり、早く寝させるようにしたりして、本格的に風邪を引く前に対処するとお子さんも親御さんも楽ではないかと思います。

噛み合わせを良くすることで得られること

歯並びがあまり良くない方は、噛み合わせもあまり良くないことがほとんどです。
噛み合わせが良くないと、顔周りの筋肉が緊張しやすく、頭痛や肩こり、腰痛の原因にもなります。
寝ている時に歯ぎしりをするのも噛み合わせに問題があることが多いようです。
歯列矯正をするほど歯並びは悪くないと考えている方も、噛み合わせを良くする為に矯正治療も視野に入れてみてはいかがでしょうか。
すぐに矯正は難しくても、どこを直していけば噛み合わせが良くなるのか、歯科医師に相談されると良いと思います。
普段の姿勢や寝方、歩き方を改善することでも解決できることもあるので、まずは歯並びと噛み合わせについて自分の状態を客観的に診てもらい、現状を、把握することが重要なポイントになります。