歯科医院で行われている感染症対策とは

歯科医院に行くなら感染症対策が万全なところを選ぼう

最近の歯科医院では患者側も消毒は欠かせない

歯科医院で感染症と言われたら、肝炎に関する感染症を指すことがほとんどでした。
肝炎にも種類があり、AからEまである中で特に歯科において注意するべきはB型肝炎とC型肝炎のような慢性肝炎になります。
何故この二つかと言えば、この二つの肝炎は血液が主な感染経路になるからになります。他の肝炎は主に経口感染か性感染になるのと、急性肝炎になる為治療済みのことがほとんどだからだと思います。
普通の歯科治療においてはB型とC型肝炎の方の場合には細心の注意をはらっていることがほとんどになります。
予防接種や輸血で感染された方も多く、訴訟問題にもなっているので、守秘義務はもちろん、患者さんに不快に思われないよう正しい知識を持ち接するように歯科医院側も心得ていることと思います。
普通の生活をしていて感染することはまずないので、隣に座っている患者さんが感染することはありません。しかし、麻酔針などの針刺し事故が起きないように、歯科医師を始め治療にあたるスタッフは細心の注意をはらっています。
歯科医院は口腔内という一番感染しやすい箇所の治療にあたる為、感染症対策はとても厳しく行なっています。感染を恐れて歯科医院に行かないというのであれば、家から一歩も出られないのではないかと思うくらい、その他の場所の方が余程感染力は強いのではないでしょうか。
見た目も綺麗で診察室も清潔にしている歯科医院であれば、感染症対策はきちんとしていると考えても良いと思います。
歯科医院の感染症対策としては、診察器具の消毒滅菌と、使い捨てエプロンの使用が一般的なものとして挙げられます。
今は特に感染という言葉に敏感なので、以前よりも一層、感染症対策には気をつけていると思います。

歯科医院において昔からある感染症とその対策

歯科医師や歯科衛生士、歯科助手など、治療に関わるスタッフは患者さんの使うものの滅菌消毒は必ず行なってますし、治療に入る前の手指消毒は欠かせません。 しかし最近では、手指消毒は歯科スタッフだけが行なうものではなくなりました。患者側も診察前は手指消毒は欠かせなくなっています。

体の不調は口腔内に出やすい

口腔内は、体の不調が出やすいところです。 口唇ヘルペスといって、口唇の端が切れたりすることがある方も少なくないと思いますが、そういう症状が出る時というのは、疲れが溜まっていたり寝不足だったり、何らかの体調不良によるものがほとんどだと思います。 口腔内の健康は全身の健康につながるのです。

感染症対策には自己免疫力をつけることが一番

感染症対策としては、まずは手指消毒は必須です。 他には、もう日常と化してますがマスク着用ですね。夏場でもマスクというこの異常事態、一体いつまで続くのかと思っているうちに夏も終わりに近付き、普通に防寒としての役割を果たす時期が近付いてきました。 ただ一番効果的なのは、やはり自己免疫力を高めることです。